絶対ではないものの、月末に審査が甘くなるのはよくある話だった?

消費者金融の審査が甘くなるポイントはいくつかありますが、かなり限定的なものばかりであまり実用性は無いのが正直なところです。

 

しかし、誰でも狙えるポイントのひとつに月末に申し込むというテクニックがあります。どうして月末に申し込むと、審査が甘くなるのでしょうか。

 

ノルマや目標がある

消費者金融のキャッシングも、銀行カードローンもノルマや目標が設定されています。

 

例えば、一度消費者金融を利用したことがあって、完済してからしばらくすると「またうちでお金を借りませんか?」と営業の電話をもらった経験がある人もいらっしゃるでしょう。

 

消費者金融は利用者がお金を借りて、利息をつけて返済するからこそ利益が上がる仕組みになっています。私たちからすれば、利息は大きな負担に感じられるものですが、消費者金融側から見れば一人あたりの利息による利益は微々たるもの。あくまでも多くの人から利息を集めることが大前提になります。

 

そこで各消費者金融は、リピーター探しはもちろん、新規顧客の獲得に力を入れています。ところが、せっかくの新規顧客が申し込んでくれたのに、審査基準をギリギリ満たしていなかった…けれど今月のノルマが足りない…。

 

それなら多少貸し倒れのリスクはあるものの、審査を甘くしてお金を借りてもらおう!と考えるのも自然なことだと思いませんか?

 

言うほど効果的でも無い?

月末に審査が甘くなる話は有名ですが、言うほど効果的でも無いとも言われています。

 

ノルマや目標を達成できないのは痛いところでしょうが、それ以上に貸し倒れのリスクを回避したい!と考える消費者金融も多いからです。

 

なので、半分都市伝説くらいに捉えるのが正解だと思います。

誰でも審査に通る消費者金融


審査に通りやすい消費者金融をチェック