電話確認を省略するために社員証などの提示が求められることも!事前に用意してスムーズに進めよう!

いくら審査が甘いと言われている消費者金融でも、電話確認があると気が滅入りますよね。電話確認は要するに在籍確認のことです。

 

申込者が本当にその職場で働いているのかを電話でチェックします。

 

この電話確認は消費者金融では審査・契約の一環として行われているのですが、諸事情から電話して欲しくない!という方も多いです。

 

電話確認は何をするの?バレない?

電話確認では消費者金融であることは言いません。なので、職場の人たちにバレることは基本的にはないと考えてOKです。

 

個人名で「○○さんはご在席でしょうか?」とかけてきます。その時に申込者がいれば、電話を取り次いでもらい、担当者と話をすれば電話確認完了!

 

もしも不在だったとしても、電話を取った人が「○○は現在席を外しております」と対応すれば「本当に在籍しているんだな」と判断できますよね。

 

電話確認を回避することもできる?

以前までは電話確認ができなければ、審査内容に問題がなくても審査落ちになるのが普通でした。しかし最近では大手消費者金融でも、電話確認無しで契約できるところが増えてきています。

 

そのためには、在籍確認が取れる書類を提出しなくてはなりません。例えば社員証、在籍証明書、給料明細書などが挙げられます。

 

対応してもらえるか、担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

 

審査が甘い消費者金融でも在籍確認は必要?どうやって対処する?

在籍確認は消費者金融を利用する上で避けて通れない!けれどバレることはほぼないので安心してOK

「審査が甘い消費者金融なら在籍確認をパスできるんじゃない?」と考える方も多いようです。確かに、相談すれば在籍確認をスキップすることもできますが、原則行わなくてはならない審査の過程のひとつなので上手く対応しなくてはなりません。

 

そこで今回は在籍確認について紹介していきたいと思います。

 

バレることはまずない!

本当に申し込み通りの勤務先に勤めているかを確かめるために在籍確認が行われています。そして消費者金融の審査上、避けられません。例え審査が甘いところでも、です。

 

「会社に電話したら消費者金融を利用しようとしていることがバレるからやめてほしい!」という方もいると思いますが、そこは安心して大丈夫です。

 

勤務先に電話をかける…といっても個人名でかけることになっています。これは貸金業法で決められていることです。

 

「○○さんはいらっしゃいますか?」と電話がかかってくるので「本人に代わります」「今席を外しています」といった対応が得られれば、本当にその会社で働いている証明になるため在籍確認は完了。

 

最近ではほとんどの消費者金融が都合の良い時間帯を指定できるようになっているので、自分で出やすいですね。

 

在籍確認を避けるには?

どうしても電話をして欲しくない、そもそも外部から電話がかかってこない部署で働いている…といったケースもあると思います。

 

そういったときは代替措置が認められています。中小の、いわゆる審査が甘い消費者金融は早い段階からこれに対応しているところが多く、最近では大手消費者金融も対応してくれるところが増えています。

 

まずは担当者に「在籍確認の電話は困る」と伝えましょう。あとは在籍していることを証明できる社員証、在籍証明書、給料明細書などの書類を提示すれば、それを在籍確認として受理してもらえます。

 

全ての消費者金融が対応してくれるとは限りませんが、まずは相談してみましょう。

誰でも審査に通る消費者金融


審査に通りやすい消費者金融をチェック